カスピ海ヨーグルト

インフルエンザを予防するには乳酸菌がすごく有効

ここのところの研究でインフルエンザを予防するには乳酸菌がすごく有効だということが分かるようになってきました。
インフルエンザの症状をワクチンだけで全てを防ぎきることは出来ません。乳酸菌を日頃からしっかり摂取することで免疫力というものが向上して、インフルエンザを予防してくれたり、症状を和らげてくれる効果があるのではないかと考えられているんです。

 

だいたい1〜5歳くらいまでの幼児がインフルエンザに感染をし、熱が出た後、急にけいれんや意識障害、または異常行動等の症状が出るのがインフルエンザ脳症というものになります。インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、治った後に後遺症が残るケースもあるのです。最近の調べで、乳酸菌にはたくさんの健康作用があるのですが、中でもお腹に効力を発揮するといわれています。腸内善玉菌を増殖させることで腸内が活性化し体の中に停滞していた便が排出されやすいのです。

 

 

 

それにより、便秘や下痢が緩和されます。

 

 

 

乳酸菌を毎日取り入れることにより整腸効果が高まります。私はずっと先天性のアトピー性皮膚炎を持っており、幼い頃は、「虐待でもされてる?」と心配される程、痛ましい見た目でした。いろんな治療法を片っ端からやってみても、効果が出なかったばかりか、別の場所に引っ越したところ、いきなり肌が綺麗になり、痒みも消えました。思い切って住環境を変えるのも、アトピー治療に向くのかもしれません。アトピーは乳酸菌を摂取することで、よくなるかもといわれています。

 

 

 

アレルギーの原因物質は、腸内に進入することでIgEという抗体が生まれます。

 

 

そして、発生したこのIgEがたくさんの数、発生してしまうことにより、過剰反応となり、アレルギーが起こることになるのです。
これが、アトピー症状を非違起こす原因だといわれていますが、乳酸菌には、IgEの発生を抑える働きがあるのです。

 

 

乳酸菌を選ぶ方法としては、とりあえずは、気になる乳酸菌を含む商品を試用してみると良いでしょう。
このごろは、乳製品の味ではない乳酸菌飲料も存在するし、サプリというものも出回っています。私は腸まで届くような乳酸菌飲料を試したとき、翌日、トイレから出られない状態なったので、休日の前になったら試すといいかもしれません。インフルエンザを患ったら、最初に栄養だけでもしっかりと摂るために食事をしなくてはいけません。

 

市販薬も重要ですが、何より栄養を補給することも重要です。とにかく早くインフルエンザを治すためにも、水と食事は抜かないようにしましょう。
例え丸一日、食欲がなくても、胃に優しくて栄養満点なものを可能な限り食べてください。

 

 

 

この間、インフルエンザにかかりクリニックに行きました。

 

潜伏期間はどのくらいなのかわからないままなのですが、インフルエンザ罹患中の人とどこかで一緒になってうつったのだろうと考えています。高い熱が3日続いていて大変苦しい思いをしました。
インフルエンザは高い熱が出続けるので、いつもひく風邪より大変な思いをしますね。